Make Up

夢を実現する

女性の憧れ、インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター、住まいをより快適にするために、家具や設備などのアドバイスをする人のことをいいます。この仕事は、特に資格がなくてもできるものです。活躍の場は、住宅会社、建築関係、インテリア販売店など様々です。しかし、インテリア産業協会のインテリアコーディネーター資格を持っていれば、このような会社に就く場合のアピール材料にはなります。しかし、資格を持っているからといってすぐに仕事につけるわけではありません。このような仕事は実績を積むことがとても重要です。しかし、インテリアについて学ぶことはよいことでしょう。やはり、職場では知識のある人のアドバイスはとても参考になるものです。 独学で学ぶ通信講座もありますし、専門学校もあります。

専門学校は社会人になって通う人も

社会人になって、インテリアコーディネーター養成講座などの専門学校に通う人もいます。まだ若くて、時間がある場合は、建築関係の大学や、専門学校に通い、建築についての知識を深めることをお勧めします。というのも、インテリアと建築は、とても深くつながっているからです。実際、インテリアコーディネーターの試験でも、建築士の試験かと間違えるようなくらい建築の知識が求められています。やはり、全くの知識ゼロから学ぶには、独学では難しい部分もあります。簡単な設計などの技術も必要になってくるからです。金額は、通販では数万、専門学校では数万から数十万と幅は広いですが、確実に資格を取りたいというのならば専門学校などのスクール通いをおすすめします。